ロゴ

NEWSお知らせ

2020.10.30オフィスデザイン

アイデア満載のTRUST Officeのオフィスデザイン!雰囲気や効果を一挙紹介!

オフィスを新たに新設したり移転したりするときは、内装をどのようなデザインにするかで迷うかもしれません。いろいろなデザインが選べると、つい目移りをしてなかなか施工に取り掛かれないこともあるでしょう。あらかじめ「こんなオフィスにしたい」といった大まかなイメージを持っていれば、スムーズにデザインが選べる可能性があります。この記事では、いろいろなアイデアが詰まったTRUST Officeの施工例を取り上げます。紹介する内装のポイントやオフィスの雰囲気、オフィスデザインの効果などは、これから施工するときにも参考にできるでしょう。

参考にできる内装のポイントは?

合同会社ファニプロの内装は、自社のブランディングを意識したさまざまな工夫が凝らされています。オフィスデザインを考えるときに参考にできるのが、次の3つのポイントです。

ロゴや経営理念を壁面にデザイン

合同会社ファニプロのオフィスは、壁に会社のロゴマークである「ファ」の文字が大きくデザインされています。

壁面には同社の経営理念である「Think Smile」のデザインも施されており、空間全体で会社のメッセージを伝えているのがこちらのオフィスの特徴です。

オフィスの室内は全体的にシンプルにまとめられているため、大胆にあしらわれた壁面のデザインはいずれも大きなインパクトがあります。

コーポレートカラーを多く取り入れている

コーポレートカラーを内装に多く取り入れている点も、合同会社ファニプロの特徴です。同社では、明るいオレンジをコーポレートカラーにしています。

このようなカラーは壁やドアなどのさまざまな部分に取り入れられ、内装のアクセントとして活用されています。

オレンジを引き立てるイエローやホワイト、ブラウン系のカラーと組み合わせてバランスよく内装をまとめているところも、チェックしておきたいポイントです。

こちらのオフィスは、天井がホワイトで床はやや深みのあるブラウンです。ソファや机なども内装と同系色であり、全体的にすっきりとした印象のインテリアです。

遊び心をアピールするインテリア

「Think Smile」を経営理念に掲げている同社の内装は、遊び心をアピールできるようなデザインを採用しているのもポイントのひとつです。

壁面のデザインはもちろんですが、こちらのオフィスは室内に設置されている机やソファの配置もユニークです。

ひとつのフロアにいろいろなコーナーが設けられているのも、遊び心を感じさせる一因と言えるでしょう。

合同会社ファニプロのオフィスには、パソコンが並ぶデスクワークのコーナーのほかに、4人掛けのテーブルが設置されたコーナーや1人用のソファが置かれたコーナーなどがあります。

ソファ席の横に本棚が設置されている点も、チェックしておきたいポイントです。

合同会社ファニプロのオフィスの雰囲気は?

さまざまな工夫を取り入れた合同会社ファニプロのオフィスは、具体的にどのような雰囲気なのでしょうか。雰囲気の特徴を、ここではまとめてみました。

空間全体に温かみがある

オレンジやイエローなどの暖色系のカラーをアクセントに用いた合同会社ファニプロのオフィスは、空間全体に温かみがあるのが特徴になっています。

このオフィスの場合、床材に木目が見えるナチュラルな質感の素材を取り入れています。各コーナーに設置した机やテーブルも木を素材に使ったものが多く、パソコンなどのOA機器が並ぶコーナーにも無機質な雰囲気はあまりありません。

寒色系のカラーやメタリックな素材が室内に少ないことなどは、このような空間の雰囲気に関係している可能性があります。

隠れ家のようにリラックスができる

こちらのオフィスは、訪れた人が思わずホッとできるようなリラックスできる雰囲気があるのも特徴のひとつに挙げられます。一見するとオフィスに見えないユニークな内装の室内は、個人の隠れ家のようなプライベート感のある空間です。

実際、1人用のソファが置かれたコーナーは、お茶を飲みながらくつろいだり、音楽を流してゆっくりと雑誌を読んだりといったプライベートなアクティビティにも利用できそうな雰囲気です。

オフィスのなかにこのような空間が設けられていれば、打ち合わせなどで訪れた人はもちろん、フロアで働く社員もリラックスして仕事に臨める可能性があるでしょう。

ヴィンテージ風のレトロな雰囲気

レトロでオシャレな雰囲気があるのも、このオフィスの魅力になっています。ヴィンテージ風のソファやテーブルなどを取り入れてアレンジされた室内は、センスを感じさせる個性的な空間です。

カフェやサロンと見まがうようなこちらのオフィスのインテリアは、オシャレなデザインのオフィスを作りたいときにも役立つ可能性があります。

従来のオーソドックスなスタイルのオフィスを一新したい人にとっても、合同会社ファニプロのオフィスはさまざまなヒントが得られる事例になるでしょう。

オフィスデザインでどんな効果が期待できる?

オフィスの色味や空間の使い方

合同会社ファニプロのような独自の工夫を凝らしたオフィスデザインは、いろいろな効果が見込めます。

クライアントや取引先に効果的なアピールができる

オシャレでセンスを感じさせるオフィスデザインは、訪れた人から注目を浴びることが多いです。

合同会社ファニプロのように会社の経営理念をアピールするデザインであれば、空間で自社のPRができる可能性があります。

仕事を依頼しようか迷っているクライアントや取引先の会社の担当者などによい印象をもってもらうには、会社のメッセージやセンスを効果的に伝える必要がでてきます。

オフィスデザインでアピールができれば、口頭で伝えるのが難しいときでも会社のよさを理解してもらえるかもしれません。

デザインによっては、「業績がアップする」や「新規顧客が増える」などの嬉しい効果も期待できるでしょう。

職場の雰囲気が和やかになる

プライベートルームのような空間を設けるなど、従来のオフィスには余り見られなかった工夫をすると、職場の雰囲気が変わる可能性があります。

実際、合同会社ファニプロが行っているようにソファやテーブルを設置したコーナーなどを設ければ、コミュニケーションが活発になって、職場全体が和やかな雰囲気になるかもしれません。

空間の雰囲気は、知らず知らずのうちにそこで過ごす人の精神面に影響を与える場合があります。

無機質な空間にいるとつい緊張してしまう人も、自然素材や明るいカラーを取り入れた空間なら心を開いて周囲の人とコミュニケーションができることもあるでしょう。

社員同士が集えるような空間を設ければ、仕事上の意見交換もしやすくなることが考えられます。

社員の感性を刺激できる可能性がある

オフィスデザインがもたらすメリット

合同会社ファニプロは、サイトや動画、パンフレットなどの採用広報ツールを制作する会社です。

このようなクリエイティブな業務を行う会社では、一人ひとりの社員のアイデアをいかに引き出すかが業務を進めるうえでのひとつの課題になることがあります。

同社のようなオシャレなオフィスデザインを取り入れた場合、社員の感性を刺激してよいアイデアが引き出せる可能性がでてきます。

実際、ロゴマークをユニークにアレンジするなど、制作に役立つようなデザインを取り入れておくと、会社のオフィスデザインからヒントを得て新しいアイデアが浮かぶ社員もでてくるかもしれません。

毎日を過ごす職場のデザインからアイデアのヒントが得られれば、社員のやる気もアップする可能性があります。

効果を意識してオフィスデザインのイメージを考えてみよう

ここで紹介した施工事例のように、オフィスデザインを工夫することでいろいろな効果が期待できる場合があります。デザインのイメージがなかなか思い浮かばないときは、施工のプロに相談するのもひとつの選択です。

TRUST Officeでは、幅広い業種のオフィスデザインを手掛けています。自社のアピールができるデザインを知りたいときは、TRUST Officeでアドバイスを得てみましょう。