ロゴ

NEWSお知らせ

2020.11.17オフィスデザイン

オフィス新設・移転で人気の神奈川県内エリア5選!

オフィス新設・移転で人気の神奈川県内エリア5選!

神奈川県は鎌倉・横須賀・江の島・横浜などの観光地が多く、観光業や宿泊業、飲食店・小売店を行っている企業の割合が多い県ですが、都心へのアクセスも良いため、東京都に隣接している地域では東内に本社がある企業の工場などが立ち並び製造業も発展しています。そんな、神奈川県内でオフィス新設・移転をする時の人気のエリア情報を紹介していきます。

神奈川県のビジネス事情

神奈川県のビジネス事情

神奈川県は東京都へのアクセスも良く、観光スポットとしても有名な中華街やランドマークタワーがある県庁所在地の横浜市も有名ですが、ベンチャー企業の創出・成長への支援に厚い行政としても知られています。

起業家の創出拠点としてシェアオフィスを備えるHATSU鎌倉や、企業の成長促進拠点SHINみなとみらいなど、新規参入企業に向けたさまざまな拠点やプログラムが提供されている県です。

レンタルオフィス・サテライトオフィスなども多く新設されていますが、神奈川県の事業所数は約28万事業所と全国第4位の数があり、約346万人もの人が神奈川県で働いていますが、半数近くの事業所が横浜市に集中しています。

また、業種としては卸売業・小売業・宿泊業や飲食サービス業が多く、次いで建設業、不動産業・物品賃貸業、生活関連サービス業・娯楽業となっています。

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア①横浜市

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア①横浜市

神奈川横浜市はJR京浜急行電鉄・東急電鉄などもあり、都心へのアクセスもよく神奈川県の産業の中心地ともいえるエリアです。

横浜駅やみなとみらい、新横浜など商業施設だけでなく神奈川県の主要オフィスも横浜市に集中しています。旧市庁舎の跡地の再開発も進んでおり、関内エリアも新たなオフィス街として注目されています。

また、グローバル拠点都市としてベンチャー企業の創業期ビジネス支援事業なども充実しているため、オフィス新設・オフィス移転として人気エリアとなっています。

横浜市は神奈川県で一番事業所数も多く、賃貸物件も店舗型からマンション、オフィスビルなどさまざまなタイプの物件の取扱数も多いため比較的オフィスを探しやすいのでおすすめです。

横浜市の賃貸費用①大型ビル

大型ビルの場合は築20年の物件であっても100坪以上になると100万円~200万円が月々の家賃相場となりますが、20坪ほどであれば約40万円から借りることが可能です。新築や築浅の物件は人気があるため、根気よく空きを待つしかありません。

横浜市の賃貸費用②小~中規模ビル

築浅や立地によっては大型ビルと変わらないような家賃の物件もありますが、小~中規模ビルの場合は20坪の場合は20万円、50坪の場合は40万円から借りることができます。

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア②川崎市

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア②川崎市

神奈川県川崎市は県北部にある政令指定都市として、川崎区・幸区・中原区の7区の行政区に分かれています。

全国の政令都市の中で一番面積が小さい都市ですが、東京都にも近いため大手企業の工場などが多い工業地帯となっており、関連事業のオフィス新設・オフィス移転として人気エリアとなっています。

中心地となる川崎駅周辺の開発も進んでおり、若者の街として若年者人口も増えていますが、川崎市の事業者数は約4万事業所と卸売業・小売業や宿泊業・飲食サービス業に携わっている人が多いエリアです。

川崎市のベンチャー企業等成長促進支援事業では、専門家によるハンズオン支援・投資家等との個別マッチングなどを受けることができます。

川崎市の賃貸費用①大型ビル

川崎市の大型ビルは築10年以内の100坪以上の空き物件も多くありますが賃料も高額です。築40年以上の物件などは1坪あたり7千円~8千円となっているので26坪でも月額の賃料が約17万円で借りることができます。

川崎市の賃貸費用②小~中規模ビル

川崎駅の中心街にあるオフィスビルは1坪あたり2万円以上の物件もあり、60坪で100万円~200万円となっていますが、エリアによっては10坪~20坪で7万円~9万円で借りることが可能です。

川崎市の賃貸費用③マンション・アパート

事務所として使用できるマンションは新築の場合1Kで7万円~9万円ほどになりますが、築30年の物件であれば駅近でも8万円~10万円でかりることができます。

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア③横須賀市

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア③横須賀市

神奈川県横須賀市は県南東部にある海上自衛隊基地・米海軍基地がある市ですが、JR横須賀線・京浜急行線などにより横浜市へのアクセスも良いエリアです。

通勤・通学にも便利なので家族世帯が住む住宅も多く、卸売・小売業や宿泊業・飲食サービス業を主軸として約15万人の人が横須賀市の仕事に従事しています。

横須賀市中小企業や個人事業主の創業・経営支援を行っていますが、ICT事業へのオーディションやIoT導入支援事業など新たな事業に参入するベンチャー企業へのサポートも充実しています。

横須賀市の賃貸費用①大型ビル

横須賀市では新たな大型ビルも建築されていますが、築10年ほどのビルであれば1坪当たり約1万円で借りることが可能です。

横須賀市の賃貸費用②小~中規模ビル

事務所や店舗としても使用できるさまざまなタイプのオフィスビルがあり、中心街は賃料が高くなりますが20坪~30坪であれば20万円~35万円で利用できます。

横須賀市の賃貸費用③マンション・アパート

マンションタイプの賃貸オフィスは10坪ほどの事務所を7万円~8万円で借りることができます。新築の場合は1Kでも6万円~7万円、2LDKの場合は10万円ほどで提供されています。

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア④相模原市

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア④相模原市

神奈川県相模原市は県の北部にある政令指定都市として緑区・中央区・南区があります。東京都に隣接しておりJRなど6つの鉄道路線により都心へのアクセスもよく、工業都市として発展しているエリアです。

約2万5千の事業所があり、神奈川県の他のエリアに比べて製造業や建設業の比率が高くなっています。

また、相模原市にはベンチャー企業の支援を行うさがみはら産業創造センターがあり、センター内のオフィス・ラボにはさまざまな業種の企業が入居しています。

オフィス新設やオフィス移転を考えているベンチャー企業にはオフィスを構えやすい人気エリアとなっています。

相模原市の賃貸費用①大型ビル

大型ビルは人気が高く空き物件情報をこまめにチェックし待つ必要がありますが、120坪ほどであれば約100万円前後で借りることもできます。

相模原市の賃貸費用③マンション・アパート

10坪~15坪のマンションを7万円~8万円で借りることができますが、新築の場合は1K6万円~7万円となっています。

相模原市の賃貸費用②小~中規模ビル

エリアによっては新築の駅近物件でも100坪約70万円と安い物件もありますが、20坪~30坪であれば20万円~30万円のオフィスが相場となっています。

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア⑤藤沢市

神奈川県のオフィス新設・移転の人気エリア⑤藤沢市

神奈川県藤沢市は鎌倉市にも近い観光にも便利な市ですが、大型のショッピングモールも多く都心へもアクセスしやすく4つの鉄道が走っている住みやすい市です。

約1万3千の事務所があり製造業や卸売・小売業、医療・福祉事業の割合が多いエリアになっています。

オフィス新設やオフィス移転を考える時には、会社の所在地となる市のサポートも重要ですが、

藤沢市では特定創業支援等事業や創業支援資金の融資制度だけでなく、地域の課題解決を行う事業については創業時における事務所等の改装工事費や賃借料の補助を受けることができます。

藤沢市の賃貸費用①大型ビル

藤沢市では築10年のオフィスビルであれば1坪あたり1万2千円~1万5千円で借りることが可能です。

藤沢市の賃貸費用②小~中規模ビル

20坪~30坪のオフィスビルは18万円~27万円で利用することができますが、中心街は1坪あたり1万円を超えるなど割高になっています。

藤沢市の賃貸費用③マンション・アパート

約10坪のマンションであれば7万円~9万円、新築であれば1K6万5千円~7万5千円となっています。

オフィス新設・移転は産業と行政サービスで選びましょう

神奈川県はエリアによってさまざまな産業が盛んですが、新規事業の創業支援やサポートも積極的に行われています。

自社の事業に関わる企業やユーザーが多いエリアや、行政のサポートが厚いエリアなどこれからの事業の発展に貢献できる地域を比較検討して、オフィスの新設や事業拡大のためのオフィスの移転先を検討してください。