ロゴ

NEWSお知らせ

2020.09.04オフィスデザイン

影響力が大きいオフィスデザイン!効果や活用事例を徹底解説!

影響力が大きいオフィスデザイン!効果や活用事例を徹底解説!

オフィスの内装やデザインは、そこで働く社員はもちろん、商用で訪れた来客や企業見学をする学生にも影響を与えるケースがあります。 このような影響力に注目する企業では、オフィスデザインに工夫を凝らし、経営に役立てる試みを始めています。今回は、オフィスデザインの効果やユニークなデザインを取り入れて経営に活かしている企業の事例などを紹介します。

オフィスデザインが社員に与える影響力

オフィスデザインが社員に与える影響力

内装に工夫を凝らす企業が注目しているのが、オフィスデザインが社員に与える影響力です。企業にとって、自社で働く社員は業務に貢献してくれる貴重な人材です。

このような社員の日々の働き方は、会社の経営にも大きな影響を与える可能性があります。

一人ひとりの社員がスムーズに仕事ができたり、ストレスを感じずに働けたりするオフィスは、さまざまな効果を生むことが考えられます。

たとえば、「仕事へのモチベーションが高まる」などは、快適なオフィスデザインを取り入れたときの効果のひとつです。

フルタイムの勤務が多い職場では、社員が1日の多くの時間をオフィスで過ごすことになるかもしれません。

デザインに工夫が凝らされた居心地のよいオフィスなら、社員の仕事への意欲が高まる可能性がでてくるでしょう。機能性にこだわってデザインされたオフィスは、余計なストレスを感じずに働けるのもメリットです。

精神的、身体的なストレスは、仕事へのモチベーションを低下させる一因になりかねません。オフィスデザインの影響力に注目する企業では、さまざまな部分に社員のストレスを減らせるような工夫をしているケースも多々あります。

たとえば、仕事をするスペースと同じ部屋にミーティング用のコーナーを設け、ほかの部屋に移動をしなくてもすぐにメンバーが集まれるようにする、などです。

こういったデザインのオフィスでは、遅刻した社員の影響でミーティングの開始が遅れたり、プレゼンテーションの資料を持って社員が何度も部屋を出入りしなければならなかったりするケースも減るかもしれません。

オフィスデザインに工夫をすると、空調の管理もしやすくなることが多いです。

実際、壁を取り払って全室を一つの部屋として活用したり、吹き抜けのエントランスとワークスペースを直結させたりすれば、冷暖房を効率的におこなえる可能性があります。

オフィスでは、冷暖房による室内の温度差が問題になるケースが少なくありません。

女性に多い冷房病などの体の不調は、温度差が大きい環境が一因になっていると言われています。温度差が少ないワークスペースを完成させれば、このような社員の健康問題も解消に導けるかもしれません。

オフィスデザインによっては、社員同士のコミュニケーションを促す効果も得られることがあります。

給湯設備や冷蔵庫などを置いたカフェスペースで休憩や自分の仕事ができるようにすれば、あまり言葉を交わす機会がない他部署の社員とも話ができるでしょう。

社員同士の情報交換がしやすくなれば、仕事にもプラスの影響を与える可能性がでてきます。

オフィスデザインは来客や見学者の印象も左右することがある

オフィスデザインは来客や見学者の印象も左右することがある

オフィスデザインの影響力は、ときに社員以外の人にも及ぶことがあります。

たとえば、企業を訪れた取引先の社員やクライアントなどは、オフィスデザインに何らかの反応を示すことが考えられます。

また、オフィスデザインが魅力的だと、就職活動で企業見学に訪れた人からも注目される可能性が高いです。

「この会社の素敵な空間でぜひ働いてみたい」や「自分と合いそうな企業だ」などの感想をもつ人がでてくれば、採用活動の際に応募者が増える見込みがあります。

企業では、こういった社外の人への影響力もしっかりと意識してデザインを考えているケースが多いです。

初めてオフィスを訪れた人は、その企業の業務内容についてよく知らない場合もあります。このようなときに企業の詳細を知るひとつの参考にできるのが、オフィスのデザインです。

フロアに足を踏み入れたときの第一印象などは、来客や見学に訪れた人が企業の雰囲気を知る大きな手がかりになります。

経営者がオフィスデザインを考えるときには、自社のイメージを社外の人にどう伝えるかを重視するケースが多々あります。

実際、取り扱っている商品やサービスを想起させるデザインや、企業文化をアピールするデザインなどを取り入れて、他社と差別化をはかる企業も少なくありません。

オフィスのデザインは、そこで仕事をする人の働き方もイメージさせることが多いです。

たとえば、観葉植物やフェイクグリーンなどを使ってオフィスをナチュラルな雰囲気にアレンジしている企業の場合は、「社員がリラックスをしながら働いている」などのポジティブなイメージを見た人に与えるかもしれません。

また、ガラスの仕切りドアなどを採用して開放的な空間を築いている企業については、「オープンで自由な雰囲気の会社」といったイメージをもつ人もいるでしょう。

見た人に与える印象に注目してオフィスデザインを自社のブランディングに活用することは、多くの企業が取り入れている経営戦略のアプローチでもあります。

このようなオフィスデザインは、企業の経営者にとっても単なる内装や装飾を超えた重要な意味をもつようになっています。

オフィスデザインを経営に活用している企業の事例

オフィスデザインを経営に活用している企業の事例

総合人材サービスを手掛けているある企業では、自社のコーポレートカラーを使ったオフィスデザインを取り入れています。

コーポレートカラーの鮮やかなブルーをエントランスホールやワークスペースの椅子、ソファなどに採用することで、社員や訪れた人に自社のイメージを知ってもらえるような工夫をしているのがこちらの企業の特徴です。

壁やドア、床にブルーと相性がよいホワイトやナチュラルなベージュなどを使い、美観的にもバランスのとれた内装に仕上げている点は、これからオフィスデザインを考えるときにも参考にできるでしょう。

占星学のアプリ開発や専門学校の運営をしている企業でも、ロゴマークを活用したユニークなオフィスデザインを採用しています。

この企業のオフィスは、室内全体がローズピンクやホワイト、グレーといったソフトなカラーでまとめられており、スピリチュアルな占星術のイメージにマッチする落ち着きや癒しを感じさせるのが特徴です。

デジタルマーケティングの業務をおこなっているある企業の場合は、「無限の可能性」というテーマでオフィスデザインをまとめています。

星空や宇宙をイメージさせるモダンなエントランスホール、ガラスの仕切りを取り入れた会議室には、いずれも企業のテーマにマッチする開放的な雰囲気があります。

ワークスペースにグリーンを積極的に取り入れている点も、こちらの企業の特徴的な点です。

また、エントランスホールにダイナミックなグリーンウォールを設けているのが、クラウド型の経理、記帳代行サービスをおこなっているある企業です。

こちらの企業の内装は、明るく自然光がふんだんに取り入れられるデザインになっています。

木目が見える床やレンガ調の壁を用いるなど、訪れた人がホッとできるような、スタイリッシュで温かみのある空間を作り上げているのがこの企業のオフィスです。

オフィスデザインの効果をチェックして経営に役立つプランをたてよう

オフィスデザインは、ここで紹介したようなさまざまな影響力をもつことがあります。

これからオフィスを新設するときやリニューアルをするときには、デザインの効果をチェックして自社の経営に役立つようなプランをたてると、後にメリットが得られるかもしれません。

どのようなイメージをアピールしたいかなどは、デザインを決める前によく考えておきましょう。