ロゴ

NEWSお知らせ

2020.09.10オフィスデザイン

オフィスデザインで求人や採用活動の課題を解決しよう

オフィスデザインで求人や採用活動の課題を解決しよう

企業が抱える経営課題の一つとして、優秀かつ有望な人材を適切なタイミングで獲得することが挙げられます。 新卒採用でも中途採用でも、なかなか理想的な人材を入社させられずに苦労することはよくありますが、オフィスデザインを一新することで解決できる可能性があります。 ここでは、どのようなロジックなのかを解説していきますので、対策としてぜひ検討してみてください。

求人広告の効果を高められるオフィスリニューアル

優秀で有望な人材を獲得し続けていくことは会社を成長させるための基本で、多くの会社で経営課題として挙げています。

その実現のためには、採用フローを考案して自社に合った方法を確立することが大切です。

一般的なフローとしては、求人広告を求人サイトなどの各種媒体に掲載してもらい、応募してきた人材を書類と面接で選考して採用するという形になっています。

優秀な人材を獲得するための課題として、まずは求人広告を見て応募してもらうことが挙げられます。

この課題解決のためにオフィスをリニューアルしてオフィスデザインを一新するのが効果的ですが、その理由を確認していきましょう。

オフィスリニューアル自体が人材へのアピールになる

短期的な視点で見ると、オフィスリニューアル自体が応募者数を引き上げる効果を持ちます。オフィスリニューアルという言葉が人材へのアピールに直結するからです。

就職や転職のときには、誰しも新しい職場で頑張って働いていきたいという気持ちを持っているでしょう。新しい職場のオフィスが最近デザインを一新したとなるととてもやる気が出ます。

何十年も同じ内装のままで仕事をしている職場に比べると、内装が新しくてきれいというのは新鮮さがあるからです。

また、そのオフィスで働いている人たちもリニューアルを受けて気持ちを入れ替え、新鮮な考え方で仕事に取り組んでいる様子がイメージされます。

そのため、新参者の自分も受け入れてくれるのではないかという期待も持ちやすいのです。今まで人間関係で苦労してきた人の場合には特に前向きな気持ちが生まれやすいでしょう。

このようなリニューアルというフレーズによる効果は実質的には1年か2年くらいしか大きな効果を発揮してくれませんが、まずはすぐにでも優秀な人材を獲得したいというときには効果的な方法です。

美しい写真を使えるだけでもアピール力が上がる

美しい写真を使えるだけでもアピール力が上がる

オフィスリニューアルをしたときには、刷新したオフィスの中の写真を活用できるようになります。

求人サイトや求人誌では、企業や職場の紹介をする記事を載せてもらうことが可能です。

リニューアルしたのをきっかけに新しいオフィスの写真を撮影して掲載すれば、言葉で示すよりもさらにアピール力があるでしょう。

美しく仕上げられた内装を見ると、自分もこんなところで働きたいと直感的に思ってくれるかもしれません。

仕上げたオフィスデザインから感じられるイメージに共感する人が思いを寄せてくれるのも特徴で、

色合いやレイアウトなどの細かなところまでこだわって社風に合わせておくと期待しているような人材の応募を増やせるでしょう。

経営理念や事業内容の視覚的イメージを提供できる

社風に合わせるという点は特に採用を考える上では欠かせない観点で、リニューアル後の経営理念や事業内容、職場の運営方針などが伝わるようなオフィスデザインにすればかなり高い確率でマッチングを実現できます。

この観点では、オフィスデザインの作り込みがとても大切になります。経営理念を彷彿とさせるような仕上がりにしたり、直感的に事業内容がわかるようにデザインすることも可能です。

視覚的にどんな企業なのかをイメージするための情報を提供できると、求職者のセンスに訴えかけることができます。

理念や事業、社風などの考え方に共感してくれる人が応募してくれる可能性が高まると期待できるでしょう。

ホームページの魅力も高められる

オフィスリニューアルは必ずしも求人広告の上だけで宣伝する必要はありません。

自社ホームページに掲載することも、大々的に特集ページを作って宣伝することもできます。

せっかく企業イメージを伝えられるようにオフィスデザインをしたなら、ビデオを撮影して動画を掲載するのもアピール力があって良いでしょう。

生き生きと社員が働いている様子も映し出せば、ますますこのオフィスで働きたいと思ってくれる人が増える可能性があります。

リニューアルのタイミングはこのような宣伝をするチャンスになるため、積極的に活用しましょう。

オフィスデザイン次第で採用確率を上げられる

一般的な採用フローで考えたときに、優秀な人材に応募してもらえたとしても確実に採用できるのでしょうか。実は必ずしもそうとは言えず、途中で辞退してしまうこともあります。

就職先を探している人材は選考を通して会社を知り、本当に入社したい会社なのかどうかを見極めているからです。

そのため、いかにして応募してきた優秀な人材の採用確率を上げるかも大きな課題になっています。その解決策としても、オフィスデザインを活用することが可能です。

面接で来社した人材のセンスに訴えかける

面接で来社した人材のセンスに訴えかける

オフィスデザインが美しく仕上がっていれば、面接で来社した人材が良い印象を持ってくれるでしょう。

自社ブランドや事業内容などにマッチしていればそのセンスに感銘を受けて、ぜひ素晴らしい感性を持っている人たちと美しい職場で働きたいと前向きに考えてくれると期待できます。

リニューアルして間もないタイミングなら、新しさにも魅力を感じてくれる可能性が高いでしょう。

新しいオフィスの雰囲気を肌で感じられる

オフィスデザインが変わると雰囲気が一新されます。どのような職場であって欲しいかをよく考え、ただ内装を整えて美しくするだけでなく、機能性も向上させると社員の働きぶりも大きく変わるでしょう。

その雰囲気を来社した人材が肌で感じ取ってくれれば、この現場なら本気を出せる、仲良くやっていける気がするといった印象を持ってもらえ、きっと入社してくれるでしょう。

オフィスデザインから社員を変え、雰囲気を理想に近づけることが大切です。

新しい人材への期待をオフィスデザインに込められる

オフィスデザインには社員の考え方や働き方を変える力もありますが、新しい人材への期待を込めることもできます。

このような雰囲気の現場に調和できる人材に来て欲しいという願いを込めてデザインをすれば、共感した人が残ってくれる可能性が高まります。

これからの企業の成長を考えたときに、どういう人材が欲しいかは異なるでしょう。それに合わせて応接室のデザインを整えるのも巧妙なやり方です。

社員全員に期待することと新人に求めることを分けて考え、デザインを作り分けることも検討してみましょう。

見学会を開催することもできる

面接をする場所と実際の勤務場所が違っていて、勤務場所でオフィスデザインを変更したという場合には見学会を開催しましょう。

実際の職場を見てみたいと思うのはもっともなことですから、オファーをかければきっと承諾してくれます。

施設によっては面接できる部屋がなく別に用意しなければならないこともありますが、オフィスデザインに力を入れたなら見学に来てもらう機会を作れば、メリットを生かせるでしょう。

オフィスデザインにこだわって優秀な人材を獲得しよう

適材の獲得は経営課題としてよく取り上げられています。

オフィスデザインにこだわってリニューアルをすると、人材が受ける印象も大きく変わります。

企業理念や社風、新しい人材に求めるイメージに合わせつつ、現場の社員のモチベーションも上げられるようにオフィスデザインを一新してみましょう。

お困りの場合はデザインから施工までワンストップでIdealOfficeで対応が可能です。