ロゴ

NEWSお知らせ

2020.09.14オフィスデザイン

オフィスの内装デザインをリニューアルは経営改善に効果がある?

オフィスの内装デザインをリニューアルするのは経営改善に役立つ

オフィスのデザインを一新し、リニューアルする企業が増えているというニュースを雑誌やネットで見かけたことはありませんか。 経営の点で何らかの課題を抱えているのなら、オフィスデザインのリニューアルを検討してみましょう。というのは、オフィスデザインを一新することにより、様々な効果が得られるからです。 そこで、この記事ではオフィスデザインのリニューアルについて、詳しくご紹介していきます。

オフィスの内装デザインをリニューアルすることでイメージアップが図れる

オフィスの内装デザインをリニューアルすることでイメージアップが図れる

第一印象というものは、個人だけではなく企業にとっても無視できないポイントです。

企業をチェックする場合、スマホやパソコンでHPを閲覧したり、実際に出かけてみるということは多いものです。

その際、魅力的にデザインされたオフィスは、とても良い印象を与えてくれることでしょう。

企業のブランド力もアップしますし、競合他社との差別化も可能です。

このように、企業のイメージアップが図れるのがオフィスデザインをリニューアルするメリットの1つです。

オフィスデザインのリニューアルによって期待できる具体的な効果とは

オフィスデザインのリニューアルによって期待できる具体的な効果とは

オフィスデザインのリニューアルには、それ相応の費用と期間がかかります。

それにも関わらず、オフィスデザインを一新する企業が増えているのはイメージアップだけではなく、次のような具体的な効果も期待できるからです。

良い人材が確保できる

人口が減少し続けていることもあり、良い人材の確保は企業にとって切実な問題となってきています。

仕事がしやすく居心地の良いオフィスは、求職者にとっても魅力的に映ります。入社を希望する人数が多いほど、良い人材に巡り合える可能性が高まります。

また、モチベーションの高い人材は特に自分の働く環境にもこだわると予想されます。

機能性だけではなく、快適な作業空間をも考慮したデザインに一新することは良い人材を招き入れる効果も期待できるのです。

また、優れたデザインのオフィスは離職率も下がると考えられます。

既存の社員が辞めてしまった場合、新たな人材を探したり新人を教育する必要が出てきますが、その分費用がかかりますし、業務の面でマイナスになることもあるでしょう。

毎日過ごすオフィスだからこそ、快適な空間であることは理想です。オフィスデザインをリニューアルすることで、既存の社員の離職を減らす効果も狙えます。

作業効率をアップし時間のロスを減らせる

優れたオフィスデザインとは、業務中の社員の動きをも考えてデザインされるものです。

コピーを取ったり他の社員と相談する場合、無駄な動きを必要としないスムーズな動線が確保できていれば、作業効率がアップします。

また、上司のもとへ向かう際もスムーズであればあるほど互いの時間のロスを減らせます。会議室に社員が集まる場合も同様です。

小さな時間のロスも積み重ねれば無視できない量となります。動線を考慮したオフィスデザインにすれば、時間のロスを最小限にすることが可能です。

モチベーションのアップ

オフィスデザインが社員に与えるモチベーションアップ効果

会社の業績を上げるためには、社員のモチベーションの維持が欠かせません。

モチベーションが低下した状態では、満足のいく仕事はなかなかできないからです。

社員のモチベーションを低下させる要因はいくつかありますが、オフィス環境も見逃せないポイントです。

ただ漫然と机を並べるのではなく、仕事のしやすいオフィスにすることでモチベーションの維持が図れます。

また、適所に植物を配置したり、体を休める空間を用意すれば、気分もリフレッシュしやすいでしょう。やる気に満ちたオフィスは、モチベーションと共に業績もアップすることが期待できます。

コミュニケーションの活発化

適切にデザインされたオフィスならば、コミュニケーションの活発化も期待できます。というのは、快適で動きやすいオフィスほど社員は活動的になるからです。

動きにくく空気のよどんだオフィスになるのを防ぐためにも、オフィスデザインのリニューアルを進めましょう。

社員間のコミュニケーションが活発化すればするほど、斬新で役に立つアイデアが湧いてくることが期待できます。変化の激しい時代だからこそ、新しいアイデアが必要不可欠です。

コミュニケーションスペースを充実したり、話しやすい空間を演出して、コミュニケーションが活発になる環境を整えることが大事です。

ストレスの軽減

社員のやる気を削ぐ最大の敵は、過剰なストレスです。適度なストレスは仕事に対する集中力を高めますが、それにも限度というものがあります。

仕事に関わるストレスには、仕事場の環境が大きく影響します。解放感のあるオフィスならば、ストレスも減らせることでしょう。

また、整理整頓された使いやすいオフィスにデザインすることでもストレスの軽減が図れますし、目に優しい内装にすることも大事です。

働く人間の目線に立ってデザインしたオフィスにリニューアルし、ストレスなく仕事ができる場を整えましょう。

オフィスデザインをリニューアルする際の注意点

注意点

オフィスデザインは、リニューアルすればそれで良しというわけではありません。

快適なオフィスにするためには、次のような点に注意する必要があります。

業務内容に合わせる

会社のオフィスは、社員だけのものではありません。

クライアントや社外の人もオフィスを利用します。

その場合、業務内容に合わないオフィスデザインでは相手を混乱させてしまう可能性が生じます。

銀行などといった堅実なイメージの会社には、やはりそれに相応しい内装が必要です。

また、時代の先端を行くIT関連企業やベンチャー企業は、そのイメージに合ったオフィスにするのが有効です。

ロゴマークにこだわった企業ならば、ロゴマークを内装に生かすのも良いでしょう。業務内容と一致したデザインを採用し、相手に安心感を与えるのが肝心です。

奇をてらわない

奇抜なデザインのオフィスは、確かに一時の話題にはなるでしょう。

しかし、毎日そこで業務をこなすとなると話は別です。インパクトの強い色合いは眼に優しくありませんし、奇をてらったデザインはストレスを増加させてしまいかねません。

作業効率を高めるためにも、業務の邪魔にならないデザインを選択するのが大事です。また、奇抜なデザインは数年後、時代遅れになる可能性もあります。

何度もリニューアルすることのないよう、オフィスデザインには注意を払いましょう。

疲れにくい空間にする

おしゃれでリラックスできる環境が人気!オフィスデザインの効果は?

見た目重視のオフィスは避け、社員が疲れにくく作業しやすい空間にするよう心がけましょう。

スタイリッシュな机や椅子はビジュアル的には良いものですが、作業するにはあまり向いていない場合があります。

長時間作業しても疲労しにくいものを選び、動線を考慮して配置するのが肝心です。

照明もまた見逃せないポイントで、明るすぎず暗すぎない照明を選びましょう。

リニューアル費用にも考慮する

オフィスデザインのリニューアルは効果的な方法ですが、費用が掛かりすぎては本末転倒です。

費用対効果を見極め、会社の資金を無駄にすることのないよう気を付けましょう。

そこで大事になってくるのが、内装業者の選び方です。複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討するのが基本です。とはいえ、安ければ良いというものでもありません。

相場よりも安すぎる業者を選ぶ場合は、その会社の評判や業績をよく確認する必要があるでしょう。

オフィスデザインをリニューアルするなら経験豊かなプロに依頼しよう!

オフィスデザインのリニューアルは、素人では難しい作業です。効果的なデザインに一新するためには、その道のプロに依頼するのが肝心です。

リニューアルする企業が増えていることにより、請け負う業者も増加しています。

リニューアル実績の豊富な業者を探し、依頼するようにしましょう。

IdealOfficeは、オフィスデザインのリニューアルやオフィス移転、オフィス新設の経験に富んだ会社です。

困った際はIdealOfficeに連絡し、相談してみると良いでしょう。