ロゴ

NEWSお知らせ

2020.09.28オフィスデザイン

オフィスの内装における休憩スペースのデザインの重要性

オフィスの内装における休憩スペースのデザインの重要性

オフィスの内装は、そこで働いている社員のモチベーションにも大きな影響を与えます。 社員にとって働きやすいオフィスを作り出すためには休憩スペースのデザインも重要な要素になり、仕事の合い間に一息つけるようなスペースがあれば、仕事のメリハリがつけやすくなります。 ここでは、オフィスのデザインを再検討している事業者のために、休憩スペースのデザインが社員に与える影響について、詳しく紹介します。

休憩スペースが社員に与える効果

オフィスの内装の中でも、社員に与える影響力が大きいのが休憩スペースです。

休憩スペースが社員に利用しやすいものであれば、仕事をおこなううえでさまざまな効果が期待できます。

休憩スペースの効果の中でも特に重要なものが、仕事の途中にリフレッシュすることができることです。

一日中椅子に座ってデスクワークをしている社員などは特に、体を休めることができるような休憩スペースが必要になります。

デスクワークを続けるために長時間同じ姿勢をずっと続けていると、体の中の血の流れが悪くなってしまうこともあるので、

仕事の合い間に適度な休憩を取ることは、健康を維持するためにも重要なことです。

しっかりとリラックスすることができる休憩スペースがあれば、仕事の疲れも取れやすくなるので、休みの後の仕事も能率的におこなうことができます。

そのために、オフィスの生産性を向上させることができるという点でも、休憩スペースのデザインは重要な要素です。

社員同士がコミュニケーションをとることができる場所という意味でも、休憩スペースはオフィスにおいて重要な役割を果たしています。

仕事を効率的におこなうためには、社員同士の円滑なコミュニケーションが不可欠ですが、仕事だけの関係では社員が互いに親密な関係になれない場合も多いです。

ですが、社員同士が気軽に話をできるような休憩スペースがあれば、仕事を離れて社員がコミュニケーションをとることができます。

社員同士のコミュニケーションが増えれば、仕事を協力しておこなう場合にもさまざまなメリットがあることから、効率的なオフィスの運営という点でも何かと有利です。

リラックスできる休憩スペースがあれば、仕事ではあまり関係していない社員同士もコミュニケーションをとることができます。

同じ仕事をしている社員同士だけでなく、会社で働いている他の部署の社員とも知り合いになることができるので、仕事をするうえで役立つ情報を幅広く収集できます。

休憩スペースを設置することで、企業のイメージを向上させることができるメリットもあり、仕事の疲れを癒しやすい休憩スペースをデザインしているということを社外にアピールすれば、

社員の労働環境にもしっかりと配慮している企業であるということを、外部の人にも知ってもらうことができます。

休憩スペースのデザインを工夫すれば、社員が仕事をするうえで、思わぬプラスの効果が生まれることもあります。

仕事をおこなっていると社員が判断に迷うようなこともありますが、そのような場合に考えてばかりいると、いつまで経っても結論を出せないことがあります。

そんな時に、仕事の息抜きができる休憩スペースがあれば、仕事の緊張感から解放されて、状況を冷静に判断できるようになります。

仕事の計画が煮詰まっているような場合にも休憩スペースを利用することが効果的で、仕事から離れてしばらく休憩スペースでリラックスすることで、新しい仕事のプランを見つけられることもあります。

計画的にデザインされた休憩スペースの事例

休憩スペースを社員がしっかりとリラックスできる空間にするために、各企業では独自のアイディアを採用して、内装をデザインしています。

仕事をする場所と同じような雰囲気の休憩室では、社員も休みにくくなるので、できるだけ働く場所とは違った雰囲気にした方が、社員もリラックスしやすい空間になります。

休憩室の壁紙の色を工夫している企業もあり、柔らかい色合いの壁紙を使えば、社員もゆっくり時間を過ごすことができます。

照明のデザインも休憩のしやすさに影響を与えるポイントで、あまり明るすぎるとかえって休みにくくなるので、明るさを適度におさえた照明を採用している企業も多いです。

休憩スペースを設置する場所を工夫している企業も多く、社員が働いているスペースから見えない場所に、休憩室を設置している企業が一般的です。

休憩スペースから働いている人が見えてしまうと、休憩している人も十分にリラックスできなくなってしまうので、

社員がしっかりと休むことができるように、職場全体のレイアウトを工夫しています。

狭いオフィスの場合には、ワーキングスペースから見えない場所に休憩室を設置しようと思っても、適当なスペースを確保できないことも多いですが、

パーテーションなどを用いて外部から見えないように工夫をしている企業もあります。

休憩室で社員が疲れを癒すことができるようにするためには、スペース内に設置する設備にも工夫が必要です。

多くの企業の休憩スペースに設置されているのがコーヒーサーバーやウォーターサーバーです。

休憩スペースに飲み物が手軽に飲める設備があれば、仕事を一旦休憩するために利用している社員も、頭や体の疲れを取りやすくなります。

サーバーだけでなく、簡単なキッチンを休憩スペースに設置している企業もあり、社員が簡単な料理を作ることができる設備を設置しておけば、料理が好きな社員も仕事の気分転換ができます。

社員同士がコミュニケーションをとりやすいように、休憩スペースの内装をデザインしている企業も多く、

休憩中の社員が気軽に会話ができるように、テーブルや椅子が設置されている会社も一般的です。

椅子に座り、飲み物を飲みながら社員同士が会話をできるような休憩室があれば、社員同士がより打ち解けて話がしやすくなります。

疲れを取りやすいように柔らかいソファを設置しているような企業もあり、大型のソファをスペース内に設置すれば、社員が一緒に座って、会話を楽しむことができます。

休憩スペースに本棚を設置している企業もあり、椅子や机も一緒に設置しておけば、休憩中に社員が自由に本を読むことができます。

本棚に入れておく本は企業が自由に決めることができますが、事業と関係のある本やビジネスのハウツー本を入れておけば、休憩をしている時も、社員が仕事に役立つ知識を仕入れることができます。

社員にリラックスしてもらうために、仕事とは関係のない本を本棚に入れている企業も多く、社員の疲れを癒すことを最優先する場合には最適な本です。

新聞や雑誌を休憩スペースに置いてある企業もあり、最新の情報を雑誌などから入手することで、仕事に役立てることができるアイディアが見つかることもあります。

デスクワークが中心の職場では、体を動かすことができるような設備が、休憩スペースに設置されていることもあります。

体を動かすことが少ないと筋力も弱ってしまい老化の原因にもなりますが、休憩室に簡単なトレーニングマシーンがあれば、短い時間でも社員が体を鍛えることができます。

疲れを取ってもらうことを重視している企業の中には、休憩室に仮眠室を設置している企業もあり、

足を伸ばして寝転がることができるような場所がオフィスにあれば、デスクワークで一日中座っている人も、疲れが取りやすくなります。

目の疲れも一緒に癒すことができるので、パソコンの画面を長時間見ている社員にとっても疲れを取りやすい場所です。

働きやすい環境を作る休憩スペース

オフィスで働いている社員にとって、仕事の合い間に利用できる休憩スペースは、仕事の効率を上げるためにも利用できる便利な場所です。

仕事の疲れを癒すことができるだけでなく、社員同士のコミュニケーションにも使用できます。

各企業でも休憩スペースのデザインに工夫を凝らしていて、壁紙や照明を変えたり、パーテーションを利用して、休憩しやすいスペースをデザインしています。