ロゴ

お気軽にご相談ください!

0120-390-865 受付時間:平日10:00〜18:00

NEWSお知らせ

2021.04.23コラム

エントランスが素敵だと”良い会社”と思われるって知ってましたか?

エントランスが素敵だと”良い会社”と思われるって知ってましたか?

「良い企業=エントランスがおしゃれって本当でしょうか。エントランスで企業イメージがUPされるものなのですか」というお客様への記事です。

結論から言いますと『良い企業=エントランスがおしゃれで素敵』なのは本当です。

なぜなら「いい会社だな」と思われる企業は、エントランスの役割を根本から理解し、取り入れるべき要素が何なのかを理解しているから。

「え、どういうことでしょう」というお客様のために、当記事では
・エントランスが来訪者に与える影響
・おしゃれなエントランスのメリット
・”良い企業”な印象を与えるエントランスの事例

を、分かりやすくお伝えしていきますね。

「来訪者やクライアントにこんな影響を与えるんだ」とちゃんと分かっている企業はエントランスにも力を入れています。

「たかがエントランスでしょ」と、侮ってはいけません。

「ここは良い企業だな」と来訪者が抱くことで、新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれませんよ。

エントランスは会社の顔!来訪者の印象に大きく影響する

エントランスは会社の顔!来訪者の印象に大きく影響する

オフィスのエントランスは”会社の顔”です。

来訪者が最初に訪れる場所であり、その企業への印象を決める場でもあります。

手入れや掃除がされていない、モノ寂しい空間よりも、花や植物が植えられ、良い香りのする明るい空間の方が好印象だと思いませんか。
好印象を抱いたエントランスであれば、その場で案内してくれる人への印象も、大きく変わるはず。

エントランスは、来訪者やクライアントを心地よく迎え入れる場であり、会社に対して良い印象を持ってもらうための場所でもあるのです。

ですから『エントランス=重要な場』であると理解しましょう。

エントランスがおしゃれ、綺麗だった場合のメリットとは

エントランスがおしゃれ、綺麗だった場合のメリットとは

企業のエントランスがおしゃれで綺麗だった場合に得られるメリットは以下が挙げられます↓

・企業イメージがよくなる
・社員のモチベーションが上がる
・来訪者の緊張感を和らげる効果がある

それぞれ解説していきますね。

エントランスをおしゃれにするメリット①企業のイメージが良くなる

1つ目のメリットは、企業イメージがよくなる、という点です。

エントランスは、来訪客やクライアントが最初に目にする場所であり、足を踏み入れる場です。

そのため「企業の第一印象を左右する」といっても過言ではありません。
おしゃれでキレイなデザインのエントランスにすることで、企業イメージUPにつながります。

同時に、企業に対して信頼感と安心感さえも感じられるでしょう。

ビジネスパートナーとして信用できる要素は、エントランスにもあるのだと理解しましょう。

エントランスをおしゃれにするメリット②社員のモチベーションが上がる

エントランスをおしゃれにするメリット②社員のモチベーションが上がる

2つ目のメリットは、社員のモチベーションがUPする、という点です。

エントランスは社員にとって”ただ通り過ぎる場所”なだけではありません。

『社員の1日が始まる場所』でもあるのです。

おしゃれでデザイン性の高いエントランスであれば、気持ちよく1日を始められるでしょう。

同時に「こんな良い会社に勤めているんだ」と、モチベーションUPにもつながります。

結果、生産性も上がり、業績UPも期待できるでしょう。

エントランスをおしゃれにするメリット③来訪者の緊張感を和らげる効果がある

3つ目は、来訪者の緊張感を軽減する効果がある、という点です。

清潔感が感じられ、かつ、爽やかさと明るさを感じるエントランスは、来訪者に親近感を与えます。

その親近感が、自然に緊張を解きほぐしてくれるのです。
そのためのポイントは、相手に抱いてもらいたい印象に合わせたデザインにすること。

中には高級感や、重厚感を感じるエントランスもあるでしょう。

企業理念に合わせ、そして「相手にどう感じてほしいのか」を考えたエントランスにしましょう。

エントランスがおしゃれな企業事例

エントランスがおしゃれな企業事例

エントランスがおしゃれな企業を3つ、紹介します↓

・株式会社 Payke
・株式会社C-mind
・株式会社キャシュモ

それぞれのエントランスの特徴やコンセプトをお伝えしていきましょう。

エントランス作りのヒントにしてみてください。

エントランスが素敵な企業①株式会社キャシュモ

エントランスが素敵な企業①株式会社キャシュモ

エントランスの特徴は、来訪者を目を引くグリーンウォールで出迎えている点です。

緑は癒やしの効果もあります。

来訪者の緊張感を和らげ、その後のオフィス内での快適な空間を想像させてくれることでしょう。

エントランスが素敵な企業②株式会社 Payke

エントランスが素敵な企業②株式会社 Payke

沖縄ならではの海砂や貝殻、グリーン、流木などのモチーフをエントランスに取り入れられています。

訪れた人をワクワクさせてくれるような空間に仕上がっていますね。

放射状に拡がるレイアウトが特徴的で、来訪者の記憶に強く残ることでしょう。

エントランスが素敵な企業③株式会社C-mind

エントランスが素敵な企業③株式会社C-mind

訪れた人の目を奪っているのは、壁面アート。

「楽器を持っている人たち “音”=”自分なりの色やアイディア” を大切に持ちよるような楽しさ」
「一緒に奏でると十人十色が重なり合ってひとつのワクワク=Creative Mindが生まれていく」

これらのコンセプトを表した作品で、上手にコーポレートアイデンティティを体現化しています。

まとめ:良いエントランスにすると”良い企業”に近づける

まとめ:良いエントランスにすると”良い企業”に近づける

良い企業と、エントランスの関係性について疑問を抱いているお客様へ、エントランスをよりよい空間にするメリットについてお伝えしていきました。

エントランス空間をおしゃれにすることで、
・企業イメージがよくなる
・社員のモチベーションが上がる
・来訪者の緊張感を和らげる効果がある
といったメリットが挙げられます。

来訪者だけでなく、日々頑張って作業している社員にとっても良い影響を与えるのです。

お伝えしてきた事例をヒントにし、よりよい企業作りの一環としてエントランスに目を向けてみるのはいかがでしょう。

今後企業は、社員が「どう働くべきなのか」「どう働きたいのか」という、個人の価値観を尊重することが求められます。

社員一人ひとりの作業効率を上げるためにも、企業としての環境作りがより一層求められるようになるでしょう。

そのような中でも、特に集中ワークブースは、コロナウィルスの感染防止対策の一環として誕生したものの、コロナが収束した後も需要が高まっていくと考えられます。

理由は、今成り立っているこの”新しい働き方”を、以前のような”元の働き方”に戻すとは考えにくいからです。

「集中ワークブースについてもっと知りたい」
「他にどんな見本があるか気になる」
という方は、下記より詳しい内容をご覧頂けます。

>>『集中ワークブース』を詳しく見てみる