ロゴ

お気軽にご相談ください!

0120-390-865 受付時間:平日10:00〜18:00

NEWSお知らせ

2020.12.10オフィスデザイン

オフィスや企業の顔であるエントランスのデザインを解説

オフィスの顔であるエントランスはどうデザインしたらいい?

会社に訪れた人が最初に目にするエントランスは、企業やオフィスの顔でもあります。エントランススペースのデザインをする際は、訪れた人にどのような影響や印象を与えるかを考えておくことが重要です。 当記事では、エントランスが来訪者に与える効果や影響力に触れながら、エントランスのデザインを考案するときのポイント、アイデアを得る方法などを解説していきます。

エントランスはさまざまな方に影響を与える

エントランスはさまざまな方に影響を与える

オフィスには、毎日営業や会議等で様々な方が訪れます。会社訪れた際にエントランスを通る方は、知らず知らずのうちにエントランスが与える影響を受けている可能性があります。

取引企業の来訪者に与える効果

商談などで会社を訪れる取引企業の来訪者の方は、エントランスを通って会議室に向かうことが一般的です。このような社外の方は、エントランスを見てその会社の雰囲気やコンセプト、コーポレートアイデンティティなどを見て感じていることが多いことでしょう。

そのため、自社をアピールしたり価値観を表現できるエントランスではビジネスにも良い影響が期待されます。またエントランスで来訪者を待たせてしまう場合がありますので、ゆったりとリラックスできる空間をエントランスでも用意できると好印象を与えることもできるのではないでしょうか。

自社社員への影響

エントランスを設けている会社では働いている社員も出社時や退社時、外出の際にエントランスを通る機会があります。エントランスを通るたびに”ここで働いている”と自然と意識が高まり、仕事へのモチベーションや自尊心の向上に繋がります。

また自社のエントランスがデザインされている場合、自社社員の会社への帰属意識を高める効果も期待されます。

就職活動中の求職者への影響

インターン説明会や採用面接などで会社を訪れる就職活動中の求職者の方も正面入口であるエントランスから出入りします。

面接に訪れる求職者の方は、説明会や初回の面接の時点ではまだその会社に対して本当に入社したいのか迷っているケースが少なくありません。求職者来社した際にデザインされたエントランスの場合、求職者に対して良い印象を与える可能性が高まります。

またエントランスは前述でも解説したように会社のコンセプトやコーポレートアイデンティティを効率的に伝える効果がありますので、入社への意欲や憧れを持ってもらえる効果が見込めます。

出入り業者への影響

エントランスは、郵便や宅配便の配達、オフィス用品の納入などをする出入り業者もしばしば通る場所です。オシャレなデザインのエントランスは、このような業者にも良い印象を与えることが考えられます。

他の会社のエントランスと明らかに異なる特徴があれば、業者の間でもひそかに話題になるかもしれません。

エントランスのタイプ別デザインの特徴と効果について

エントランスのタイプ別デザインの特徴と効果について

エントランスがどのような効果を持つかは、デザインのタイプで変わってきます。自社のエントランスをデザインするときは、次のようなタイプ別の特徴や効果を参考にしてみましょう。

モダンなデザインのエントランスの特徴と効果

モダンなデザインのエントランスは、ブラウンやベージュ、ブラックなどのベーシックなカラーを取り入れているケースが多いです。

使用するカラーを3色程度に抑え、落ち着いた雰囲気を演出します。コーポレートアイデンティティとしては品格を感じられ、上品な印象を持たれやすくなることが特徴です。

モダンなデザインのエントランスは、見た人に高級な印象や信頼感を与える効果が期待できます。

リラックス感のあるデザインのエントランスの特徴と効果

リラックス感のあるエントランスには、フェイクグリーンや観葉植物、木目を取り入れた家具や内装がよく用いられています。ナチュラルテイストというとイメージしやすいかもしれません。自然を感じられるエントランスも昨今では人気が高いです。

リラックス感のあるナチュラルテイストのエントランスは来訪者へ安らぎを与えることもできます。来訪者の中には商談や面接等で緊張してしまっている方へも少しは緊張が解れる効果も期待できます。

ポップなデザインのエントランスの特徴と効果

ポップなデザインのエントランスの特徴は、インパクトのあるカラーを効果的に使用して遊び心のあるデザインに仕上げていることです。

コーポレートカラーをメインに使用し、壁や天井、床などをカラフルなデザインにしているエントランスの事例は、業種を問わず多く見られるようになっています。

このようなエントランスに期待できるのは、訪れた人にワクワク感や驚きを与える効果です。またエンターテイメント性の要素をエントランスに含むことができればより一層来訪者を楽しませることができますし、印象を深く持ってもらうきっかけになります。

エントランスをデザインするときのポイントは?

エントランスをデザインする際に意識しておきたいのが、次のようなポイントです。

自社のアイデンティティやコンセプトがエントランスを通じて伝わるか

自社のアイデンティティやコンセプトが訪問された方に伝わるかどうかは、エントランスのデザインを考えるときに特に重要なポイントです。

エントランスという人の印象に与える影響力が大きい場所は効果を最大限に活用したいですよね。自社の事を伝えるポイントとしてはコーポレートカラーや会社ロゴマーク、企業コンセプトに纏わる「モノ」などを取り入れてデザインを考えてみましょう。

エントランスでの居心地の良さ

オフィスの玄関口であるエントランスは、居心地の良さも大切です。デザインがオシャレでも、入ったときに不便さや不快感を与えるようなレイアウトや内装では来訪者へ対して逆効果になる可能性があります。

快適さを備えたエントランスを作りたいときは、壁や床の配色や素材、照明の明かりを考慮しましょう。配色や照明の明るさ一つでも人に与える印象は大きく変わります。また元々企業に対して持っている印象があまりにもかけ離れていると違和感を抱かれてしまい、それがかえって居心地が悪く感じさせてしまうこともあります。

エントランスのデザインを考える場合はコーポレートアイデンティティとコーポレートカラーに則って考えてみてはいかがでしょうか。

またエントランスのスペースに余裕があればテーブルやソファ、テーブルなどの家具を用いて、座って待てるスペースを設けてることもおすすめします。待ち合わせ時間よりも早くきてしまった方へ少し休んでいただくためのスペースとしても活用できますので配慮の一環として準備しておくと良いでしょう。

エントランスの機能性

エントランスの機能性を考慮することも、デザインを考える上でポイントになります。

多くのエントランスでは電話機が置いてあり、座って待てるスペースがあるだけの企業が多く、機能性が高いと言えるような環境ではありません。

確かにエントランスは長居するような場所ではありませんので、機能性はそれほど必要ではないと感じてしまうかもしれませんが、訪問される方への配慮の一環として機能性を持たせることも有効なのではないでしょうか。

例えばコンセントの電源やPCの作業スペース、携帯電話の通話ができるブースなどをさり気なく設けておくと、訪問者の方が急ぎの仕事が入ってしまっていてもその場ですぐに作業していただくことができます。

活用される機会はそれほど多くないことが想定されますが、仮に利用された方がいれば好印象を与えることは間違いないですし、それがきっかけで仕事の話も発展する可能性もあるかもしれません。

エントランスの防犯性

オフィスのエントランスをデザインするときは、防犯性も意識しておきましょう。不審者対策などに活用できるのが、見通しの良い透明なガラスのドアやパーテーションなどです。

このようなアイテムを取り入れてデザインをすれば、エントランスに誰かが訪れたときにすぐに社員が気付くことができます。奥行きのあるオフィスは、エントランスに目が行き届かなくなる可能性がありますが、できるだけエントランスに誰が訪問しにきているのかわかりやすい作りを心がけると良いでしょう。

このようなオフィスのエントランスをデザインする場合は、視認性がアップするような工夫をしましょう。

エントランスのアイデアを得る方法は?

エントランスのアイデアを得たいときは、次のようなアプローチがあります。

内装業者の施工事例を参考にする

内装業者の施工事例を見ると、エントランスのデザインのヒントが得られることが多いかもしれません。同業他社はもちろん、異業種の会社の施工事例もひと通り見ておくと後に役立つ可能性があります。

その会社がどのようなデザインを取り入れているのか、デザインを通して伝えたいメッセージやこだわりがどういったものかという点は、業種に関係なく参考にできるでしょう。魅力的だと感じる施工事例を見つけて、画像のリストを作ってみるのも良いかもしれません。

実際にオフィスに足を運んでみる

新たにリニューアルをしたオフィスや口コミで話題のオフィスに足を運んでみるのも、アイデアを得る方法のひとつです。実際にオフィスに行ってみると、画像では伝わりにくいさまざまな情報が入手できます。

エントランスに訪れたときに感じる雰囲気などは、施工事例の画像を見てもなかなか把握しにくい部分です。自社がイメージするデザインに近しい、好みのエントランスを見つけたときは、魅力的だと感じたポイントをリストアップしてみましょう。

カラーの配色や内装の雰囲気、空間の使い方などは、自分でデザインを考えるときにも参考にすることができます。

映画やドラマのセットを参考にする

映画やテレビドラマには、ユニークでオシャレなオフィスのエントランスが登場することがありますので、エントランスのアイデアを得たいときに見ておく価値があるでしょう。

映画やドラマでは、人工的に作り上げたセットを用いて撮影をするケースが多いため、建物の構造上の問題からアイデアを実現するのが難しい場合もあります。

ただ、工夫をすることで理想に近い状態にアレンジすることは可能です。気になるデザインがある場合は、施工方法などを自分で研究してみたり、内装業者へ相談して一緒に取り組むのも良いでしょう。

エントランスの効果を活用して素敵なオフィスを完成させてみよう

エントランスの効果を活用して素敵なオフィスを完成させてみよう

オフィスのエントランスにこだわると、さまざまな効果が期待できます。効果的なデザインは会社によって異なるため、施工をする際にはアイデアを練って自社にとってベストな選択をしましょう。

どのようなデザインが自社のイメージアップに繋がるかを知りたいときは、来訪者や社員へのアンケートを実施する方法などがあります。