ロゴ

お気軽にご相談ください!

0120-390-865 受付時間:平日10:00〜18:00

NEWSお知らせ

2021.04.16インタビュー

「文化を醸成する”本拠地”へ」株式会社フュービック黒川 代表取締役社長

オフィス移転をお任せいただいた、株式会社フュービック代表取締役社長の黒川 様にお話を伺いました。

▪️事業内容

オフィス内装事例|株式会社フュービック_

Q.事業内容について教えていただけますか

株式会社フュービックは、”人の未来を大きくする”をビジョンに、ストレッチ専門店の「Dr.stretch」や業界初ストレッチピラティス専門店「WECLE(ウィークル)」、そしてウェルネスリゾート「THE SCENE amami spa&resort」等を展開しています。
特に、世界160店舗以上、業界トップシェアを誇るストレッチ専門店「Dr.stretch」や月間1000万PVを誇る国内最大級のテニス専門サイト「tennis365.net」が皆さまには1番身近に感じていただけている事業内容かと思います。

▪️サービス開発のセキュリティ環境を強化へ

Q.移転のきっかけについて教えてください

今後、社内・社外のDX化を進めるにあたって、エンジニアにとって最善なセキュリティ環境・設備を整える必要があったのが大きな理由です。
コロナ禍の中で、オフィス縮小の動きも多いなかではありましたが、私はチャンスだと思いましたね!オフィスを手放したい企業が多くなるからこそ「居抜きオフィス(※)」で良い物件があるのではないかと。今回、オフィスの物件探しからTRUSTさんにお手伝いいただき、もともとの計画よりも早める形で進みました。

※居抜きオフィス
居抜きオフィスとは、家具やレイアウトがそのままの状態で貸し出されるオフィスのこと。通常、オフィスを撤去する際は入居時の状態に戻す契約となっていることが多いのですが、この契約スタイルですと家具の購入や内装工事にかかる費用を抑えることができます。

▪️停電しない?!新宿区

Q.オフィスの立地や物件へのこだわりを教えてください

新宿区というエリアにはこだわっていました。都庁があるので停電しないってご存知でしたか?
前のオフィスも新宿区の百人町という場所だったのですが、震災の時に計画停電に入らなかったんですよね。都の機能を確保するために、計画停電はさせないそうです。

私たちは店舗の運営をしているので、24時間365日フル稼働しています。
だからこそ本社機能が”止まらない”新宿区エリアにはこだわって物件を探しました。地盤も良いらしいですよ!

▪️コミュニケーションが生まれるオフィスへ

Q.レイアウトへのこだわりを教えてください

「コミュニケーションの分断を起こさせない」ということですね。
物理的な部分って大きいと思うので、ワンフロアですしほとんどがフリースペースにしています。
また、カフェスペースは1箇所のみにしたり、あえて予約の出来ないあいまいなスペースをつくりました。コーヒーを取りにいった時「おはよう」と声をかけあったり、「あっちのスペース空いてましたよ」なんて会話がうまれる、それが重要ですよね。コミュニケーションはちょっと面倒くさいくらいがちょうど良いんです。なので、各部屋にコーヒーメーカーは置いちゃだめだよって伝えてます(笑)

また、オンラインでもスムーズなコミュニケーションができるように動画配信スタジオも新設してもらいました。オフィスの存在意義を考えたときに”働く場所を確保する”だけであったらシェアオフィスでも良いですよね。
私は、会社の文化を醸成する”本拠地”だと思っているので、社員同士のコミュニケーションが生まれることを第一に考えています。

▪️顧客の反応をはやく知るには

Q.ガラス張りのコールセンターがひとつの特徴ですよね

コールセンターを、より開放的で働きやすい環境にしたいと思ってリクエストさせていただきました。
私たちはコールセンターを本社に置いています。それは「顧客の反応をなるべく早く知りたいから」という目的があるからです。
地方や海外にコールセンターを移す事例を多く見ますし「電話はすべて録音をしているから聞けばいい」ということを言われるんですけど、それって効率悪いなと(笑)
ささいな変化を責任者が気づけて、声をかけれるっていうのは人間だからこそできること。
報告するまでもないからいいやってことを見逃さないようにしていきたいという想いがあります。
だからこそ、もっと顧客との接点を強めるために、コールセンターの仕事にやりがいをもってもらえる環境にしたいと思いました。

▪️店舗のスタッフも寄りたくなるようなオフィスに

Q.移転されていかがでしょうか

社員が喜んでいるというのが1番嬉しいですね。
「出勤するのがより楽しくなった」と言ってくれています。
また、このオフィスは本社機能のみなのですが、近隣の店舗スタッフも用事はないんだけど寄ってみました、なんてこともあるみたいですね!
また、こちらの会議室は、様々な業界の方とコミュニティを図れるように、VIPの方向けのストレッチルームとしてベッドを設置できるようにしてます。Dr.stretchの空間と同様に、スタジアムのようなスポーティーな空間でリフレッシュ頂くためにグリーンの芝を整えてみました。
本社にもストレッチルームができたことで、店舗以外でもDr.stretchの独自技術「コアバランスストレッチ」を提供できる機会が広がり、ストレッチトレーナー達も「いつか本社でサービスを提供できるようになりたい」と喜んでくれているようですね。

▪️今後のサービス展開にこうご期待!

Q.今後の事業展開を教えていただけますか

「Dr.stretch」を全国へ世界へ。
そして、2020年にスタートしたストレッチピラティス専門店「WECLE(ウィークル)」を、まずは全国展開できるところまで育てていきたいと思っています。
その他にも、今回の移転のきっかけにもなったDX化という観点から、お客様にとってなくてはならない健康に関するデジタルツールの開発が進んでおります。
これはまだ詳しくお話できないので、ぜひお楽しみにしていただきたいです!

黒川社長、貴重なお話ありがとうございました!

▪️企業情報

株式会社フュービック
本社オフィス:東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑2階
コーポレートサイト:https://fubic.com/