ロゴ

お気軽にご相談ください!

0120-390-865 受付時間:平日10:00〜18:00

NEWSお知らせ

2020.09.04  2022.07.07オフィスデザイン

オフィスの内装をおしゃれにデザインするポイント!メリットや施工事例

お洒落なオフィスは従業員のモチベーション維持に効果大

「どのようにおしゃれなオフィスをデザインしたらいい?」「おしゃれなオフィスの条件を知りたい」とお悩みではないでしょうか?おしゃれに感じるかどうかは主観的な感情ですが、おしゃれなオフィスには共通点があります。

そこで本記事では、おしゃれなオフィスの条件とデザインするポイントを解説します。メリットと施工事例も紹介しますので、オフィスの開設・移転やリニューアルなどをご検討中の方は、ぜひご覧ください。

オフィスの内装をおしゃれにするメリット

オフィスの内装をおしゃれにするメリット

オフィスの内装をおしゃれにすると、さまざまなメリットを得られます。オフィスは従業員が長い時間を過ごす場所であり、来訪者と商談を行う場所です。心理的にも物理的にもメリットを得られるオフィスをデザインしたいですよね。

従業員のモチベーションを上げる

おしゃれなオフィスの内装をデザインすると、従業員のモチベーションを上げることを期待できます。おしゃれさを感じる内装空間で働くことでモチベーションを上げられれば、売上の向上も期待できますので、企業にとって大きなメリットです。

具体的には壁や照明のデザインを変えたり、気分転換できるリラックススペースをレイアウトしたりすると、従業員のモチベーションへ働きかけやすくなります。集中力を維持させられる執務室やリフレッシュしやすい休憩室を提供しましょう。

従業員の生産性を高める

おしゃれな最新設備や機能性の高い機器などを導入することで、従業員の生産性を高めることも期待できます。設備・機器を使用することで、従業員の作業効率の向上を期待できるからです。短縮できた作業時間を他の業務に割り当てられるメリットも得られます。

具体的な設備・機器として、人間工学に基づいてデザインされた座り心地の良いイスやWeb会議を開催しやすいデスクのレイアウトなどが挙げられます。おしゃれさと機能性を兼ね備えた設備・機器を導入するのがおすすめです。

オフィスのブランド力を高める

コンセプトに基づいておしゃれな内装をデザインできれば、オフィスのブランド力を高めるメリットも期待できます。主力事業の商品やサービスのコンセプトを伝えられれば、取引先や消費者に覚えてもらいやすくなります。

オフィスに対するイメージがよくなることで新規注文を獲得できれば、大きなメリットになります。おしゃれな内装によるブランディング活動は、オフィスの利益につながります。ブランド戦略の一環として、内装デザインを位置づけましょう。

求職者に興味を抱かせる

おしゃれなオフィスの内装は、求職者に興味を抱かせる要素となり得ます。求職者にとって「おしゃれなオフィスで働けること」が応募条件の一つだからです。オフィスの公式サイトに内装の写真を掲載するだけではなく、就職試験で来社する求職者へ魅力をアピールできます。

またオフィスの内装を気に入って入社した従業員には、オフィスに対する愛着や帰属意識を期待できます。オフィスの内装デザインによって、オフィスの事業に貢献してくれる人材を確保できる可能性を高められるわけです。

コミュニケーションを深める

おしゃれなラウンジやフリーアドレスのスペース、会議室などをレイアウトすることで、従業員同士や取引先とのコミュニケーションを深めるメリットも期待できます。リラックスできる空間や個人情報が保護された部屋を整備できれば、活発に意見交換しやすくなるからです

社内や対外的なコミュニケーションが深まると、事業場の問題を解決しやすくなり、アイディアを形にしやすくもなります。おしゃれな会議室へ顧客を招くだけで、事業に対するセンスやおもてなしの精神を伝えることを期待できます。

おしゃれなオフィス内装の条件とは?

おしゃれなオフィス内装の条件とは?

上記のメリットを得られるおしゃれなオフィスの内装は、単に見た目が素敵であるだけでは不十分です。執務室や会議室などとしての機能性を兼ね備えている必要もあります。おしゃれなオフィス内装の条件を確認していきましょう。

無駄がなく洗練されている

無駄がなく洗練されたオフィスの内装空間で働くと、おしゃれさを感じると同時に頭の中がクリアになり、作業に集中しやすくなります。デスクが整理されていないと仕事をしにくいですが、オフィスの内装空間も同じです。

オフィス内装デザインにおいては、什器や機器も重要な役割を果たします。収納棚やコピー機などによって作業スペースがレイアウトされていると、従業員だけではなく来訪者にとって好印象です。洗練されたデザインの什器・機器を選んで、オフィスの印象をスッキリさせましょう。

最先端の流行を取り入れている

働き方に対する考え方が多様化したことを受けて、オフィス内にリラックスやコミュニケーションのためのスペースがデザインされています。従業員たちにコミュニケーションを深めてもらい、アイディアやイノベーションを生み出しやすくする狙いがあります。

休憩室だけではなく、執務室や会議室などの設備や什器にも最先端の流行を取り入れると、革新性や先進性を感じられることで従業員の集中力やモチベーションの向上を期待できます。

細部までデザインされている

オフィスの業種や業態、風土などによって、働きやすい内装デザインの形は変わります。オフィスの事業内容に応じて細部までデザインされていると、おしゃれなオフィスの完成度が高まります

例えばクリエイティブな業務を行うオフィスでは、コミュニケーションを促進できるオープンなデザインが好まれます。一方で集中して作業する業務が多いなら、周りの視線が気にならない執務空間をデザインしてください。

コンセプトに基づいて統一されている

オフィスの内装デザインがコンセプトに基づいて統一されていると、おしゃれに仕上げやすくなります。コンセプトに基づくことでオフィス全体のデザインを調和させやすくなり、独自性を出せればブランディングにつながります

したがって明確なオフィスのコンセプトを設計して、オフィスの内装デザインで表現しましょう。オフィスのコンセプト設計について下の記事に詳しくまとめてありますので、併せてご覧ください。

スマートな動線が設計されている

スマートな動線が設計されていることも、おしゃれなオフィスの条件です。オフィス内の動線設計がスマートだと作業効率が上がり、コミュニケーションもスムーズになるからです。生産性を向上させることで、売上の向上も期待できます。

メインとサブの動線を区別して、従業員がよく通る通路や避難経路の幅を広く取ってください。不要な動線をなくして、なるべくシンプルにすると、従業員も来訪者も迷うことなく移動できます。動線をよくして、ストレスの少ない環境を整えましょう。

オフィスの内装をおしゃれにするポイント

オフィスの内装をおしゃれにするポイント

おしゃれなオフィスの条件を満たしてメリットを得るために、より具体的なポイントをご紹介します。オフィスの開設や移転、リニューアルまでに時間は限られていますので、ご紹介するポイントを押さえてスムーズに工事へ進めていきましょう。

コーポレートカラーを取り入れる

従業員のオフィスに対する愛着や対外的なブランディング効果を期待して、コーポレートカラーを取り入れましょう。ただし赤や黄色といった派手な色を内装のベースカラーにすると刺激が強すぎます。落ち着いた色を内装空間をデザインしたうえで、ワンポイントで取り入れましょう。

また色彩効果を考えて、コーポレートカラーに合わせる色を検討してください。白やグレーなどの清潔感や落ち着きを感じる色を基本とたうえで、集中したい部屋に青を取り入れたり、気分を高めて活動するスペースに赤を配色したりと、エリアごとに色を変える方法もあります。

参考:カラーセラピーライフ「色彩心理学(色の効果と心身への影響)」

エントランスのデザインにこだわる

従業員も取引相手も消費者も通りますので、エントランスのデザインにこだわりましょう。エントランスはオフィスの顔ですので、いつも明るく清潔に保つ必要もあります。

例えば従業員のモチベーションへつなげるためには、何らかの形でエントランスのデザインに参加してもらいましょう。またオフィスのコンセプトを表現したアート作品やメッセージなどを壁やパーテーションに施工することで、オフィスの魅力をアピールすることもできます。

素材・サイズ・機能も細かく選ぶ

オフィス内装の素材・サイズ・機能も細かく選びましょう。温かな空間を演出するなら木目や暖色系カラーを選び、集中スペースには防音性のある壁材や落ち着いた配色をデザインするなど、目的に合わせて検討してください

また什器や機器についても、用途を考えて選ぶようにしてください。例えばリモート会議のためにモニターを利用する場合には、1人用デスクでも大きめのサイズを選びます。一方で大人数用デスクでも、多目的室に設置するなら可動式を選ぶ必要があります。

ABWやフリーアドレスを検討する

ABW(エービーダブリュー)とは、Activity Based Workingの略称で、業務の内容や人数などによって働く場所を選ぶ働き方です。従業員ごとに座席を割り振らないフリーアドレス

との違いは、ABWがオフィス外も選択肢に含んでいる点です。

どちらの方法も従業員の働きやすさを尊重しており、生産性やコミュニケーションの向上を期待できます。余分な座席を排除することで必要な床面積を減らせれば、内装工事費やオフィス物件の賃料も減らせる可能性があります。

安全性・耐震性・耐久性も担保する

従業員や来訪者が安心してオフィスを利用できるように、オフィスの安全性・耐震性・耐久性も担保してください。まずは什器や設備による事故を防止するために、通路を確保したレイアウトや壁・天井に固定させる工事を検討しましょう。

また地震や火災が発生した際の避難経路を考慮して、出入り口や執務室などをレイアウトしなくてはなりません。さらに摩耗しにくい床材や照明焼けを考慮した配色にもご注意ください。

信頼できる内装業者へ依頼する

オフィス内装デザインの希望条件を整理できたら、信頼できる内装業者へ依頼しましょう。オフィスのコンセプトや理想に基づいてデザインしたいのですが、建築基準法や消防法の定める基準をクリアするためには内装専門業者の助けが必要だからです。

内装業者を絞り込むために、まず施工事例や口コミをWeb検索してください。次に候補となる業者から相見積もりを取って、内装デザイン・工事の内容や費用を細かく比較してください。内装業者選びについて下の記事に詳しくまとめてありますので、併せてご覧ください。

おしゃれなオフィス内装の施工事例

おしゃれなオフィスの内装を具体的にイメージできるように、IDEALがデザイン・施工した事例をご紹介します。上記で解説したポイントがどのように反映されているかを解説しますので、ぜひご覧ください。

インダストリアルテイストの内装

インダストリアルテイストの内装

「株式会社オーガスタ」様は、コンサート・イベント運営アルバイトの派遣事業を展開されています。アルバイト希望者に仕事への期待感を持ってもらえるように、海外のドラマに出てくるようなインダストリアルテイストのオフィスがデザインされました。

リラックスできるように設置されたソファの色合いは、オフィスのテイストにマッチして印象的です。ソファ席背面の壁に水槽が埋め込まれており、おしゃれでリラックスできる空間が演出されています。

サービスを魅せるエントランス

サービスを魅せるエントランス

「株式会社ベアーズ」様は、オフィス移転に伴い3フロアの内装デザインを希望されました。エントランスにガラス張りの研修フロアをレイアウトすることで、主力事業である家事代行サービスを紹介しています。オフィスの透明性と明るさを表現するために、会議室もガラス張りです。

また天井や壁にコーポレートカラーのピンクを取り入れて、ブランディング効果を期待しています。ピンクは目立ちやすいですが、内装空間全体を落ち着いた雰囲気にするために白や茶色をベースカラーにしてあります。

畳のリラックススペース

畳のリラックススペース

「株式会社イクリエ」様のオフィスには、一日中PCで作業する従業員のために畳のリラックススペースがデザインされました。作業スペースとの仕切りとして、閉鎖的にならないよう暖簾が施工されています。おしゃれな和の印象を与えるデザインです。

またエントランスは、「ウッドとグリーンのカフェ」というコンセプトに基づいてデザインされています。デジタルコンテンツ制作オフィスにマッチする幾何学模様が、温かみを感じさせる木の素材で施工されています。

バーとシアターのあるオフィス

バーとシアターのあるオフィス

「株式会社タキオン」様のオフィスは、従業員やお客さまがリラックスとリフレッシュできる空間を目指してリニューアルされました。エントランスには、落ち着いた配色がされた本格的なバーカウンターがレイアウトされています。

他にもシアターとして利用できるミーティングスペースやダーツ・バイク・漫画等を楽しめる趣味のスペースがデザインされて、リラックスとリフレッシュを促す空間が演出されています。

フリーアドレスの執務エリア

フリーアドレスの執務エリア

「VENUS株式会社」様は女性雑誌編集やWebメディア運営プロモーションなどを提供されています。全ての業務が完結するオフィスをデザインするために、ビル1棟がリノベーションされました。

2階に執務エリアがレイアウトされて、フリーアドレスのデスクが配置されています。従業員が働きやすい内装空間をデザインするために、白・ブラウン・グレーという落ち着いた配色が選択されています。

ポイントを押さえておしゃれなオフィスをデザインしよう!

ポイントを押さえておしゃれなオフィスをデザインしよう!

おしゃれなオフィスは、生産性やブランディング、採用実績の向上へ良い影響をもたらします。施工事例からアイデアを得ながら、ポイントを押さえておしゃれなオフィスをデザインしましょう。

IDEAlはオフィスのコンセプト設計から、物件探し、内装のデザイン・工事、資金調達、集客までをワンストップソリューションとしてご提供しております。

参考:IDEALショップ「私たちの強み」

オフィスの開設や移転、リニューアルをご検討の際には、ぜひご相談ください。