ロゴ

NEWSお知らせ

2020.09.04オフィスデザイン

お洒落なオフィスは従業員のモチベーション維持に効果大

お洒落なオフィスは従業員のモチベーション維持に効果大

従業員のモチベーションがなかなか上がらないとお嘆きの経営者の方は多いのではないでしょうか。 そのような場合には、彼らが働く環境に問題があるのかもしれません。 特に、オフィスのデザインは少し見直すだけで劇的に従業員のやる気が上向く可能性があります。ここではオフィスデザインの見直しについてのポイントを紹介します。

おしゃれなオフィスとは

おしゃれなオフィスとは

おしゃれなオフィスは従業員のモチベーション向上に一役買うと言われていますが、そもそもおしゃれとはどういったものなのでしょうか。

何がおしゃれかは個人の主観によって左右されるため、一概に定義を設けるのは難しいのですが、オフィスに関しておしゃれという場合には、

一般的にはインテリアが洗練されていることに加え、最先端の流行を取り入れていたり、その企業にとって働きやすいようにデザインされているといった意味になります。

すなわち、その企業らしさが見えるデザインこそが、おしゃれなオフィスであるための要件であるといえるでしょう。

そのため、どういったオフィスがおしゃれになるかは、企業が所属している業種やそのカルチャーによって少しずつ異なってきます。

例えば、建築事務所のようにクリエイティブな仕事がメインとなる企業の場合には、各従業員のコミュニケーションを促進できるようなオープンな雰囲気のデザインが適しているでしょう。

一方、ソフトウェア会社のように、一人ひとりの従業員が自分の世界に閉じこもって黙々と業務をこなす環境が求められる企業においては、

集中して仕事をしやすいように、それぞれの従業員に個室を割り当てられるようなオフィス設計が求められます。

このように、その企業で働く従業員が仕事をしやすい環境をいかにして実現するかが、おしゃれなオフィス作りにおいては重要であり、

そのようにして出来上がったオフィスは従業員のことを徹底的に考えて作られているものだけに、彼らのモチベーションアップに絶大な効果を発揮するというわけです。

おしゃれなオフィスデザインにするためのポイント

おしゃれなオフィスデザインにするためのポイント

おしゃれなオフィスを実現する方法は、何もオフィス全体を作り直すだけではありません。

オフィスデザインを一から見直すとなると、多大な時間とコストが必要となるため、そこまで余裕がないという場合には、

いくつかのポイントに絞って見直しを行うだけでも、オフィスをおしゃれなものにすることは可能です。

例えば、何となくオフィスに事務的な雰囲気が漂っているので、人の温かみがする雰囲気に変えたいという場合には、床材を変更してみるとよいかもしれません。

多くのオフィスでは、床材としてタイルカーペットが用いられているのですが、それでは他の企業のオフィスと代わり映えしないうえに、何となく無機質な感じがして従業員のやる気が向上しない可能性があります。

そういった場合には、より温かみの感じられる木目調の床材に取り換えることを検討してみましょう。

それによってよりリフレッシュして仕事ができるようになり、従業員の業務効率も大幅に向上する可能性があるのです。

また、壁紙もおしゃれなオフィス作りのためには重要なポイントとなります。

一般的なオフィスは無地の白っぽい壁紙が用いられているケースが大半ですが、

そこにコーポレートカラーをワンポイント追加してやるだけで、従業員の企業に対する所属意識が大きく変わってきます。

例えば、赤がコーポレートカラーの場合には、壁をすべて赤にしてしまうと刺激が強すぎるので、数メートルおきに壁に赤色のサークルを入れてやるとよいでしょう。

また、従業員の斬新なアイデアを引き出したいというのであれば、落ち着いた雰囲気の中で考え事ができるように、ベージュやグリーンの壁紙に変えるという方法もあります。

場合によっては、仕事内容に応じて部屋ごとに異なる壁紙を使うというのも良いかもしれません。

さらに、なるべくコストを掛けずに従業員のモチベーションをアップできるオフィスデザインを目指したいという場合には、エントランスのデザインを徹底して洗練されたものにするという方法があります。

エントランスは出退勤時に必ず従業員が目にする場所ですので、そこのデザインがおしゃれなものになっていれば、仕事に対するやる気も変わってくるはずですし、企業に対する帰属意識もより高められるでしょう。

せっかくですので、ありきたりなものではなく、他にはないオリジナルのエントランスを目指してみてはいかがでしょうか。

なお、従業員のモチベーションをより高めるためには、一部の人間だけがエントランスのデザイン設計に携わるのではなく、全員が何らかの形で参加するのがおすすめです。

例えば、あらかじめいくつかの案を用意しておいて、従業員に自分の好みに合うものを投票で選んでもらうといった方法を使えば、自らが選んだデザインということで従業員のやる気はより高まるに違いありません。

オフィスデザインを見直すために行うべきこと

オフィスデザインを見直すために行うべきこと

オフィスデザインのイメージ作りは基本的に誰でも行うことができますが、実際にそれを実現可能なものにするためには建築学などの専門的な知識が必要となります。

建築事務所のように、社内にそのような知識をもった人材が豊富にいる場合には問題ないのですが、

そうでない場合には外部の専門家を交えて、オフィスデザインの見直しを行った方が、より洗練されたオフィスを作り上げられるはずです。

オフィスデザインについて相談に乗ってくれる専門家にはいくつかのタイプがありますが、もっとも使いやすいのはオフィスを専門に手掛けている建築事務所です。

それ以外にも、テナントのオーナーに相談すればいくつか候補を紹介してもらえる場合もありますので、どこに頼めばよいか判断ができないのであれば一度聞いてみてもよいでしょう。

なお、専門家にデザイン設計を依頼する際には、できれば初めから一か所に絞るのではなく、まずは3、4社ほどに声を掛けてコンペティションを行うのがおすすめです。

複数のアイデアを見比べることによって自社のオフィスに適したデザインを見極められますし、

提示された見積もり金額を比較すれば、よりリーズナブルな料金でデザイン設計を行ってくれるところを選定できるからです。

近年ではインターネット上で様々な情報が飛び交っていますので、できれば事前に候補先の評判を確認して、信頼できるところを絞り込んでおくと良いでしょう。

ネット上の情報はすべて信頼できるものばかりとは限らないので、なるべく様々な情報を収集して総合的に判断するのがポイントです。

デザイン設計の依頼先が決まったら、後は提案されたデザインをブラッシュアップしていくだけです。

その際、特に注意しなければならないのは、すべてを依頼先に丸投げしないということです。

実際にオフィスを使用するのはそこで働く経営者や従業員ですので、提案された内容を厳格に精査して実情に合っていないところがあれば、適宜手直ししてもらわなければなりません。

そのようなプロセスを通じて、誰もが高いモチベーションをもって働ける環境を構築していくことが、真におしゃれなオフィス作りにつながるのです。

オフィスデザインを見直して業績アップを狙おう

以上で見てきたように、オフィスのデザインは、そこで働く従業員のモチベーションに大きく影響します。

そのため、より彼らが働きやすいオフィスを作り上げることで、従業員の労働生産性を向上させて、企業の業績をアップさせるというのは決して荒唐無稽な話ではないのです。

頑張っているのになかなか業績が上向かないとお嘆きの経営者の方は、試しにオフィスデザインを見直してみてはいかがでしょうか。